エンパニ美髪縮毛矯正でダメージを改善

一見綺麗に見える毛髪もその前の縮毛矯正でうまく化学反応を終わらせないとごわごわの原因になります。

パッと見はそこまでダメージがなさそうな髪。ご本人もそこまで傷んでるようには感じていない。

だけど「なんかさわり心地がよくない」とのこと。

そこでエンパニをさせていただきました。

今回のビフォー(左側)はすでに前回までしていた縮毛矯正の結合を解いた状態です。

しっかり縮毛矯正が正しくできていればこのような状態にはなりません。(解いても綺麗なまま)

ですが中途半端に処理をしてしまうとこのような状態に・・・

実は手触りの悪さや髪の硬さの原因はここにあります。

アフター(右側)は一度、以前の縮毛矯正を解除して新たにエンパニ技術を使って縮毛矯正をかけ直した状態です。

ツヤ、柔らかさ、見た目にも綺麗なのが分かると思います。

お客様にも乾かしただけの状態を触っていただきます。

触った瞬間に「あっ 違う♪」と言っていただけます。

関連記事

  1. ビフォーアフター1

    雨の日に髪の収まりが悪いお客様

  2. エンパニ美髪カラー(ツヤ効果抜群保湿カラー)

  3. エンパニ美髪縮毛矯正と美髪矯正シルクレッチの違い

  4. 高難易度縮毛矯正エンパニ®  美髪縮毛矯正専門エルアスク

  5. ショートスタイルもエンパニでツヤツヤ、しっとり♪

  6. ビフォーアフター3

    髪質が硬くなってきてまとまらないお客様